乳酸菌青汁で健康と美しさを!〜青汁が生むスゴイ効果とは!?〜

乳酸菌青汁で健康と美しさを!〜青汁が生むスゴイ効果とは!?〜

乳酸菌を知ることから始めましょう

最近その種類が増えているのが乳酸菌入りの青汁です。取り扱うメーカーも続々登場しています。
なぜ青汁&乳酸菌が増えているのでしょうか?その理由に迫りたいと思います。

 

お腹に良いとされている乳酸菌。その働きは何となく分かりますが、詳しく知っているという人はそうそういないことと思われます。
まずは乳酸菌とはどういったものなのかを知っておきましょう。

 

乳酸菌とは・・・

乳酸菌とは、乳酸といった酸を作り出す菌の総称です。乳酸菌自体に乳酸の働きがあるわけではなく、あくまでも作り出す生産者といった立場です。
乳酸菌によって作り出される乳酸を始めとする酸類は、身体に酸性の環境を作り出します。
腸内で悪さをする悪玉菌は酸性の環境が苦手という性質を持っています。
そのため、乳酸菌がどんどん酸を作り出し腸内が酸性化することで,悪玉菌がやっつけられて腸内環境が良くなるのです。
乳酸菌以外にも身体に良い作用をもたらす菌は存在します。乳酸菌を含めてそれらを善玉菌と呼びます。

 

悪玉菌とは・・・

乳酸菌だけでなく悪玉菌についても知っておくと良いですよ。
悪玉菌は乳酸菌(善玉菌の一種)が腸内を酸性にするのに対して、反対に腸内をアルカリ性にする菌類のことを言います。
悪玉菌は酸性が嫌いですからね。どんどんアルカリ性を広めようとします。まさに敵対する者同士の陣地の取り合いです・・・。
そして悪玉菌は腸内で有害物質を作ったり、腸壁を壊したりします。作られた有毒物質が体内に流れ込むことで、ガンなどの病気が引き起ってしまうんです。
兵器を作り環境を壊す・・・まさに悪役といった存在ですね。

植物性乳酸菌と動物性乳酸菌

乳酸菌は大きく分けて植物性と動物性に分かれます。簡単に言うと「その乳酸菌がどのようなものに存在しているか」によって分けられているんですね。
植物性と動物性、それぞれ特徴に違いがあります。

 

植物性乳酸菌

ざっくり言うと植物に存在している乳酸菌です。最初に述べたように乳酸菌は酸を作り出します。この働きがいわゆる「発酵」です。
植物性乳酸菌は、植物に含まれているショ糖、ブドウ糖、果糖などをエサとしどんどん増え、酸を作り出しています。
酸の生成「発酵」によって、漬物や納豆、味噌などが作られるんですね。

 

とっても強い乳酸菌

植物性乳酸菌は少ない栄養(エサ)や過酷な環境(寒暖差)でも増え続ける強い性質を持っています。
その乳酸菌の強さを活かしたのが発酵食品です。発酵食品は植物性乳酸菌のパワーを持っているからこそ、身体にとても良いとされているんです。

 

動物性乳酸菌

動物の乳の中に存在するのが動物性乳酸菌。乳(ミルク)という栄養たっぷりなエサを食べて育つ乳酸菌です。
そのため過酷な環境で育つ植物性乳酸菌に比べ弱いです。箱入りのお嬢様、お坊ちゃまのようなものと言えましょう。
過酷な環境に弱いため、ほとんどの動物性乳酸菌は生きたまま腸に届くことはできません。死滅してしまいます。

 

しかし動物性乳酸菌もただのお坊ちゃまではありません。
死滅してしまった後は、自らが植物性乳酸菌のエサとなります。わが身を持って植物性乳酸菌を助けているんです。けなげですね〜。

優秀な乳酸菌

乳酸菌と悪玉菌についてザックリと分かったところで、次はそれぞれどのようなものがあるのかを知っておきましょう。

 

乳酸菌とはあくまでも総称です。乳酸菌にはたくさんの仲間たちがいるんです。その数は約350以上・・・。すごいですね!
全てを紹介するのは難しいので、腸内に多く存在し、特に優秀な乳酸菌を紹介します。

 

フェカリス菌

新型乳酸菌と呼ばれ今注目のルーキー乳酸菌です。新型乳酸菌と呼ばれる理由はその性質にあります。
本来乳酸菌は生きている状態で腸に運ばれることによって、腸内で活動できるといった性質を持っています。
加熱や胃酸の影響によって腸内に運ばれる前に死滅してしまうと、もう腸内で活動はできなかったんです。

 

しかし普通の乳酸菌と違うのがフェカリス菌。このフェカリス菌はたとえ死滅してしまっても、腸内で活動することができる不死身の乳酸菌なんです。
たとえ加熱処理してしまっても大丈夫なので、最近ではいろいろな乳酸菌入り食品に配合されています。

 

ラクトパチルスカゼイ菌

元々人の体の存在する乳酸菌(ヒト腸内乳酸菌)の一種です。胃粘膜に付着する力が強いため、胃の中で働くことが出来る乳酸菌です。
胃がんなどの胃の疾患を引き起こすピロリ菌を減少・抑制させます。
その他にも、免疫力アップ・整腸作用・コレステロール値の低下などあらゆる生活習慣病の予防に役立つとっても優秀な乳酸菌です。

 

初心者向け青汁のランキング

悪玉菌の仲間たち

優秀な乳酸菌を紹介したので、続いて敵対する悪玉菌の仲間たちも紹介しておきます。

 

大腸菌

人間を含む哺乳類の体内に存在するお馴染みの菌ですね。
一定の量以上に増えすぎない限り悪さはしない菌ですが、増えすぎると体に悪影響を与えてしまいます。下痢や便秘、免疫力低下などを引き起こします。

 

ピロリ菌

哺乳類の胃の中を好む悪玉菌。一度胃の中に入り込んでしまうとず〜と居続ける厄介な悪玉菌です。
独自の酵素を作りアンモニアを作り出し周囲をアルカリ性にバリアを張ることで強い胃酸の中でも生きていけます。
そして作り出したアンモニアは体に有害であり、胃炎を引き起こします。
ピロリ菌がさらに増殖してしまうと、胃がんや胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの重症な病気をも引き起こしてしまうんです。
ピロリなんて可愛い名前でありながら、やることは怖〜いのがピロリ菌の正体です。

 

ウェルシュ菌

人の腸内や土壌、水中に存在する悪玉菌。酸素を嫌います。腸内環境が悪くなると一気に増殖し、アンモニアや硫化水素などの毒素を作り出します。
その結果下痢や便秘になりやすくなり。さらに発がん物質まで作り出し、ガンを引き起こすこともあります。
ウェルシュ菌・・・まさに悪の兵器製造マシーンです。

乳酸菌と悪玉菌はバランスが大切

身体に良い乳酸菌、そして体に悪い悪玉菌。
双方の性質を見れば、乳酸菌が多ければ多いほど体が健康になるような気がしますね。果たして本当にそうなのでしょうか?

 

バランスが大切なんです

乳酸菌と悪玉菌はどちらが多ければ良いというものではないんです。あくまでも双方がバランスよく存在することが大切とされています。

 

悪玉菌なんて体に悪いだけの存在・・・。ではありません。悪玉菌もまた体のために働きます。
例を挙げてみると悪玉菌の一種であるウェルシュ菌はタンパク質を分解します。
タンパク質を分解することで作り出すのがアンモニアや硫化水素(便やおならの臭いのもと)です。
アンモニアや硫化水素は有害物質ではありますが、ウェルシュ菌がタンパク質を分解しなければ、体内にタンパク質を吸収できません。
悪玉菌も全くいなくなればよいというものではないんです。

 

悪玉菌もある程度は腸内に必要なんです。理想の割合は善玉菌20%、悪玉菌10%、特に良くも悪くもない日和見菌70%とされています。
このバランスを保つことが大切なんですね。
ちなみに普段は良くも悪くもない日和見菌ですが、腸内の悪玉菌が増えるとそれに加勢するという厄介なところもあります。
日和見菌が悪の手下とならないためにも、3つの菌のバランスを取ることが重要です。

 

初心者向け青汁のランキング

関連情報

http://xn--10-eh4am7z5bb6652j88rd.com/・・・人気のある青汁を10種類集めて飲み比べをしてみました。
http://xn--fswv37aelpuqf.net/・・・青汁の種類は星の数ほどありますが酵素青汁を選ぶことで青汁にプラスして酵素の効果も得られちゃいます!こちらは酵素青汁を上手に選びたい方のためのサイトです。
 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ